暖冬の着物コーディネート(前半)

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

今年は寒いのか

寒くないのかわからない師走(笑)。

 

コートがいるのかと思ったら

20度平気で越えちゃったり、体がついていきませぬ。

 

そんなここ最近のワタクシのコーディネート(10月後半から11月)をご紹介。

10月下旬にやっと定着して袷着物を投入。

元々黒々しい着物が多いので秋から冬にかけては着るものが異常に多い。

これはペイズリー小紋に博多帯。

最近はワントーンコーディネートが多いので

このようにコントラストがついたコーディネートは非常に新鮮。

 

ある日のコーデ。

着物は前述と同じ。

帯は半幅帯に変更。

帯締めも前述と同じです。

今年は非常に薄羽織の時期が長かった。

ちょっと透け感の少ないハオリモノは便利。

衿元もあえて柄半襟で「柄on柄」

その代わり、モノトーンで合わせています。

 

着物はパイソン柄の地模様に大胆な斜めの絞り模様。

絵羽模様といって縫い目もしっかり柄があっているので非常に大胆。

帯もインドネシアバティックの半幅帯なので個性的。

やはり色数少なく。

 

個性的なもの同士を合わせる時は色数をとことん少なくするとまとまりやすいかと。

 

個人的にワタクシの苦手色「濃紺」。

ここではかなりポップな色柄をチョイス。

前述とは逆にポップな色目を多色使いで。

 

前述の反動からか(笑)

ブラックコーデ。

通称「黒オハラ」(笑)。

洋服でも真っ黒が多いからか、本当に落ち着きます(笑)。

昔は帯締めのみ差し色を加えてましたが、最近はもっぱらシルバー多用。

一気におシャンティなコーディネートになる便利色→当社比(笑)。

 

春先〜夏は足元も白足袋が多かったのですが

(まさに原点回帰)

このあたりから色足袋(しかも着物に合わせて同系色)の出番が多くなります。

 

このシリーズ次回に続く…。

本日はこのへんで 

ではでは

本日はこのへんで 

ではでは

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

2019年1月スタートビギナーコース

2019年1月スタートプロコース

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆監修書籍◆

「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社 →祝!重版5刷目です!

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

0

    << | 2/93PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode