こなれ感と着物の着崩れ

こんばんは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

さて

ワタクシどちらかというと形から入るミーハータイプでございます(笑)。

何でもかんでも「こなれた感じ」というキーワードに弱い(笑)。

その上に体形難があるため「着やせ」という言葉にもめっぽう弱い(笑)。

 

着物を着用する際は

「こなれ感」と「着やせ」という2大キーワードが重要なのですが、

そのうちの「こなれ感」というのは一歩間違えると

「着崩れてます」

という事故につながる可能性もあります。

(悲しい事実)

 

重要なのは

◆衿元

◆裾周り

◆背中まわり

で意外と本人が気にしている割には「着崩れ感」が出ないのは「衿元」。

(綺麗だと人一倍みられるけど、緩い分には意外と気にならない)

 

そして本人以上に他人のチェックが厳しいのが

「裾周り」

だったりいたします。

本人はそうでもないのに他人から見て

「なんだか野暮ったく見えるなぁ…」と感じやすいのがここ。

IMG_20170209_100037_166.jpg

 

こなれ感を出すには色々ポイントはあるのですが

適度な「緩み」が必要になります。

 

この緩み具合が

「こなれ」と「崩れ」の境界線となるわけでございます。

 

あぁ

奥深いね。着付け。

ちなみにワタクシ個人でいうと

この裾周り着付け。年々変化しております。

なぜなら下半身の体形変化が酷いから(涙)。

身幅変化もさることながら、サイズが同じでもお尻の位置が下がってくると、今までのように着付けるとシルエットがなかなか決まりずらいのでございます。

見た目はわからないようですが、ものすごく着心地が悪い(笑)。

 

只今色々検証中でございます。

 

そんなちょっとした個人的なことの解消をしたい方は

マンツーマンのプライベートレッスンへ。

 

いろんな方の体形のポイントとともに和気あいあいレッスンしたい方は

グループのステップアップコースへ。

 

そして

もっと専門的・理論的・マニアックな原因追及したい方は

東京で行われる「オハラリエコ×多奈ゑりコラボレッスン」へ。

 

勿論ゆるゆる

気軽に楽しみたい方も大歓迎でございます。

そしてこの「こなれ感」検証、ボチボチブログでもお知らせいたします。

 

ちょっとした告知でございました(笑)

本日はこのへんで

ではでは

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

2018年1月スタート 着物初心者・ビギナーコース 募集中

2018年1月スタート 人に着せる(プロコース) 募集開始

 

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

◆イベント◆

2018/2/4(日)・2018/2/5(月)

オハラリエコ×多奈ゑりコラボレッスンin東京

 

プライベートレンタルサロンAZAmond

 

 

 

 

0

    << | 2/526PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode