浴衣を着物風に着るポイント その2

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

先日からの連載企画(笑)。

http://www.ohara-kimono.com/?eid=867

 

浴衣を着物風に着るポイント第2弾でございます。

リンクのページには以前の記事も載せてますので参考に。

 

今回は

【半襟を入れて浴衣を着てみよう】

よく見るとウッスラ入ってます。

 

この

「半襟を入れて浴衣をきる」というのは結構周知されているようですが、

オハラ的にはポイントがいくつかございます。

 

■半衿は「スッキリ」「細目に」「控えめに」

この方が暑苦しく見えない気がいたします。

個人的感想。

そして次が意外と重要。

 

■浴衣の素材・柄・色目で「向き・不向き」あり

何でもかんでも「半襟いれりゃー着物風」というわけではなく、

※着物風に着てしっくりする浴衣

※いっそのこと浴衣らしく着た方が良い浴衣(変に着物風にしない)

この2つに分かれるかと。

 

この見極めが難しく、人によって解釈の差が出るかと思うのですが、個人的には

 

(舛大柄で季節の花やモチーフ物

(紫陽花オンリー・アヤメオンリー・ひまわりなど・・・)

⊂綉,鬚佞泙┐疹紊如嶌×白」の配色

上記 Ν△魎泙猝柄悩爐里發

 

これらは変に細工せずに浴衣らしく着た方がかえって大人っぽくて素敵かと最近思います。

 

逆に半衿入れるのに相性いいものは

■素材がツルツル(例・セオα)もしくは麻が入っているもの

■幾何学模様

■着物にも使われている柄(型)→たまたま素材が綿というだけで、着物にも使われている柄(絹地に変えたら十分着物)

 

で判断に困るのが意外と

「絞りの浴衣」

 

これらは好みや個人の見解で非常に判断がわかれるかと思います。

個人的には

幾何学模様で色目が濃いものは本当に着物みたいに着れると思いますし、

逆に

白地が多いものは半襟は入れず、帯の結び方を工夫いたします。

(例えば名古屋帯で角出しや半幅帯・兵児帯でボリューミーな結び方や大人っぽい結び方)

 

半衿に加え

【足袋を履くこと】

も意外と着物っぽく見えるポイントでもありますが、必ず着丈は浴衣よりも少し長めに。

ちなみにワタクシは着物と変わらない着丈で着用いたします。

 

でよくご質問頂くのが

「半襟を入れると足袋を履いた方が良いのか?」

「足袋を履いたら半衿は入れるべきか?」

と聞かれますが個人的に感じるのは

 

半衿入れる⇒足袋必須

足袋履く⇒半衿入れてもOK、入れなくてもOK

やと思っております。

 

半衿を入れて浴衣を着る際にオハラ的オススメ。

ふぁんじゅ

 

今まで長襦袢や半襦袢を着ておりましたが、こちらTシャツなので紐いらず。

そして

和装ブラの上からTシャツを被るだけなので肌襦袢的なものいらずなので

結果浴衣を着用するのと同じ枚数でOKです。

自分好みの衿の角度や衣紋の抜き加減の調節は長襦袢着用時にはかないませんが、夏の救世主でございます。

ご参考までに。

 

本日はこのへんで

ではでは

オハラリエコ着付け教室

プライベートコースステップアップコース随時受付中

花嫁衣裳着付けコース(プライベート)

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆監修書籍◆

「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社 →祝!重版5刷目です!

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

ほっそり見える!大人の素敵な半幅帯」⇒最新刊!

 

 

 

 

 

0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode