意外な盲点・着物の裾

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

さて6月に入りました。

只今7月スタートのビギナーコース(着物初心者さん)の募集をしております。

ということは

現在受講中の方たちが卒業を迎えるということでございます。

 

最近レッスンの様子の写真を撮り忘れておりますが(笑)、

みっちりモリモリ進んでおります。

最終回は「タイムトライアル」

 

速さを競うものではありませんが

「ひとりでできるもん!!」という自信になればよいなぁと思って取り入れております。

またレッスンの様子等々のレポは後日。

 

着付けのレッスンをしていると衿回りだったりおはしょりの悩みは初心者さん上級者さん限らず

一番多い悩みといっても過言ではございません。

 

あえてワタクシが声を大にして言いたいポイント(笑)

(そんな大層ではないけど…)

 

ずばり裾周り。

もっと言うと

裾の長さ。

 

以前にもブログでご紹介しとります。こちらも参考に

 

その1

その2

 

これは写真で見比べた方が早い。

これくらいの長さだと

(個人的には踵が見えない長さ)

短く感じることはないでしょう…。

これに草履履いてみます。

一応同じ位置から撮影してますが、

意外と短く感じます。

決して長くはないですな。

 

気持短めに裾の長さを変更してみます。

ちょっと褄が上がり過ぎてますが(お許しを)

検証として、短さの目安として考えてみてくださいませ。

一番長いところとはほんの2僂らいの差です。

 

草履履いてみます。

短く感じますかね…。

 

ちなみにこれらの写真は直立不動ですが、

実際歩いたりするとこれより確実に短くなります。

 

この裾の長さも好みかと思われますし、TPOによっても変化するかと。

 

お茶のお稽古なんかは裾捌きを良くするために少し短めに着付ける方も多いとか。

(ちなみにワタクシは皆さんの目線が通常より下なので、長すぎない程度ですが、踵は見えないようにしてます。まさに好みの問題)

よく言われるのは

フォーマルはちょっぴり長め。

浴衣はくるぶしくらい。

 

ワタクシの場合

フォーマルは最初の写真よりも長めが好み。

確実に踵は見えないし、何なら少しタプついてる感じ。

これはフォーマルの席って草履を履いたままがほとんどかと思いますし、草履の底の高さもある程度あるものが多いからかと。

 

浴衣の場合は後半の写真くらいです。

実際歩いていると短くなっちゃうし、絹と違って綿や麻はひっかかりがあるので、下への落ち感が少ないので。

 

あと着丈が長い方が足が長く見える(笑)。

ちょっとでも足長ホッソリを目指すためでございます…(笑)。

 

これから浴衣の季節。

裾の長さにも気を付けてみると良いかと思われます。

 

本日はこのへんで

ではでは

 

 

 

ビギナーコース募集開始

プロコース募集開始

オハラリエコ着付け教室

プライベートコースステップアップコース随時受付中

花嫁衣裳着付けコース(プライベート)

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

■イベント

2019.6/15(土)〜6/17(月)

11:30〜18:30(最終日のみ17:00閉場)

京都・大阪・神戸

魅惑のマリアージュ〜三都物語〜  @西荻窪・ギャラリーがらん

東京都杉並区西荻南3-6-14

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆監修書籍◆

「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社 →祝!重版5刷目です!

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

「ほっそり見える!大人の素敵な半幅帯」→2019年6月10日発売決定です!

 

0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode