着物の裾

こんにちは。
着物コーディネーターのオハラです。

急に寒くなりましたね。
気候の変化にびっくりしすぎてついていけません…(涙)
みなさま体調崩されませんように…。


本日は「着物の身丈」について。
実は以前旧ブログでも書いたのですが、改めて…。
  ※前回の記事はこちらから⇒「身丈のベストは?」

意外と落とし穴となっている「身丈の長さ」。
ここで「上品さ」が出るかと思っております。
どうしても、最初の頃は力が入りすぎて、短めになっちゃうのですが、いざ草履を履いて外に出て写真を取ると「足元ニョッキリ」としてちょっと「貧乏臭く」なっちゃってたりするのです…。
ワタクシも最初の頃、あんまり気にしてなくて、今思えばかなーり短かったんだと思います。

ポイントとして
■気持ち長めにする⇒紐をすると少し短くなるので。
■裾位置を決めたり、確認するときは必ず鏡で確認⇒上からの確認のみだと距離感がつかめないのと短めになる傾向があります。
この二つ。

ちょっと上から撮ってますのでわかりにくいですが…。
草履を履いてかかとは完全に隠れてます。

前からだと少し足の甲にかかっております。
ズルズル長い感じはしないかと思われます。

この写真は静止してとっているのでわかりにくいですが、これで普通に歩いたり階段上り下り(これで裾の不具合がよくわかります)すると意外とカカトはもちろん、足首まで「ニョッキリ」ということが多々あります。

もちろん、仕事でバリバリ動いたり、荷物運んだりするときは軽やかな方が良いので、短めでも構わないと思います。
要は「TPO」でございます。

気つけたあとに「やだ!!短くなっちゃった!!」という時は、膝を曲げて(屈伸のようにする)カカトで後ろの裾を軽く踏み、静かに膝を伸ばします。
そうすると着崩れせずに身丈を長くすることができます。
お試しくださいませ。

本日はこのへんで。
ではでは


 
0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode