オハラ日本脱出2018〜何としてもバリへ行くぞ編

slamat pagi!

おはようございます。

珍道中ファンの皆様(果たしているのか?)

オハラでございます。

 

さて

現在、優雅な感じでバリへおりますが、

ほんのちょっと前までは果たして到着するのかどうか?

もしかしたら

なにもせず

空港で足止め食らったまま

日本に帰国するんじゃないかとひやひやしておりました。

(いや、まじで)

 

わからない方は前のブログを参考に。

 

そこで

どうやってここまで来たか経緯をお伝えいたしましょう。

 

移動当日。

経由地のクアラルンプールに着いたら

飛行機が飛ばないことが判明。

 

翌日の朝だと宣告。

 

全く予想外のため

しばし凹みつつ情報収集。

 

電源確保の為、空港内をくまなく探す。

 

かなりサービスはあるものの

壊れている電源が多数。

 

まさに

黒ひげ一発ゲームのように(笑)

電源を指しては外し、

さしては外し

さ迷いうろうろ。

 

ワタクシだけでなく

他の旅行者も同じ行動をしている...。

 

もうサバイバルである(笑)。

 

とにかく確保して

繋がりの悪い空港wifiを駆使し、情報収集。

 

この時点で

理由はよくわかっていない。

(おおよその予想はついてたが、ネットには上がらず。)

 

現在地は搭乗口ゲート。

関空でいうと

最後の待つところ。

よって

何もない...。

 

こじんまりとしたカフェ的なものが数件あるのみ。

 

うーん。

どうしよう。

ここで約12時間過ごすのは辛い...。

 

クアラルンプールの空港は手荷物検査が2回ある。

この事で

「免税店ガワニ戻れないなぁ」

という勝手な思い込みが働いておりました。

 

でも

そうはいっておれません。

そして

ひもじくなってくる...。

 

とりあえず腹ごしらえしよう❗

電源をできるだけフルにしてから腹ごしらえ。

 

そこで

数少ない日本人を見つける。

若くて(笑)一人で女子である(笑)。

完全にナンパである(笑)。

 

トランジット途中で見かけたこともあって、同じバリへ行くと見越して(笑)

声をかけてみる

 

「スイマセン...。日本の方ですか?もしかしてエアアジアでバリに行く予定だったですか...。」

 

予想通り、

話を聞くと関空からおなじ便でクアラルンプール経由でバリに行く方❗

 

実は

関空で既に乗換できない可能性を宣告されていたワタクシは

その時、職員さんに

「お客様と同じ便でバリへ行く人がいる」

という情報を入手していた❗

 

なんという強運(笑)。

関空時点ではなんも思ってなかったけど(笑)。

 

しかも若い女子で良かった❗

 

ご飯をご一緒し、

二人が考え付く状況を整理。

出した答えは

 

「とりあえずお店もホテルもある意味賑やかなターミナルへ戻りたい❗いや、戻る❗」

ということ。

 

ダメもとで

荷物検査の人に交渉してみよう❗

ということになり

急いでチョッピリ緊張感ある手荷物検査場へ。

 

おにーさんに

チケット見せて、全然できない英語と幼稚園児レベルのインドネシア語で説明。

ちなみにインドネシア語とマレー語は非常に似ていて、まぁまぁ通じる。

 

今回ラッキーだったのは

ワタクシが幼稚園児レベルではあるが

インドネシア語がわかったこと。

 

ただ

現地のひとにしてみれば

日本で言うところの

ルー大柴の物凄い流暢じゃないバージョンである。

 

最悪やん(笑)。

 

ただでさえ変な感じなのに肝心のベースになってる言語が幼稚園レベルアップって。。。

余計混乱を招いてる(笑)。

今思えばそう思う(笑)。

 

 

交渉の結果

意外とあっさり脱出(笑)。

 

ちなみに

検査の時は飲み物全て没収やったのに

戻るときはノーチェック(笑)。

 

むちゃくちゃやん(笑)。

 

とにかく

第1難関突破して

ホテルを確保しようということに。

 

色々探して

節約も兼ねてツインで泊まろうとなり

こちらもゲット!

 

お互い

ほぼ一人旅で

ひとりぼっち気軽さが良いのに

結果ツインで泊まる...。(笑)

 

正直

十何年ぶりに他人と泊まりました(笑)。

そんなもんです。

 

 

 

とりあえず

明日朝には飛行機飛ぶし、

ベットで寝れるし、

一人じゃないし、→ここ重要。

良かったね。

 

これも経験。

いい思い出やね。

といいながら眠りに着く訳ですが

この時は

次の日全便欠航という衝撃を受けるとは全く思っていなかったのであります。...。

 

これ

続きます(笑)。

 

ひとまずこのへんで。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode