お太鼓結びの構造

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

さて

いきなりですが

着付け教室のレッスンをしていると当たり前ですが、

「お太鼓結び」という結び方のレッスンをします。

 

受講生の方々が口を揃えて

「帯結びはなんだか不安だ…」

「知らないうちになぜか帯が落ちちゃった事件」

「着付け終わってすぐは大丈夫なのに、しばらくするとするんと帯が落ちちゃった」

などなど

「とにかくなんだかわからんが帯が落ちた」という

着付け経験者にしてみたら地獄のようなシチュエーションが起こりえます。

 

何が地獄かというと

「なんだかわからない」

という理由なきもの。

 

まだ理由がわかれば改善の余地があるのですが、

「わけのわからないまま」帯が落ちる

しかも

「後ろで大惨事」

ということでございましょう。

 

この「意味不明・理由なきもの」という原因はひとえに

「帯がどのように留まっているのか」ということかと思われます。

 

思いっきり手書きの図(笑)。

左上の意味不明な丸は無視してくだされ(笑)。

 

非常に簡略化した名古屋帯のお太鼓結びの横の断面図。

厳密には帯締めの位置となっているところに手先も挟み込みます。

これ以上文章で説明は難しいのでここは省略。

 

原因不明の帯が落ちちゃう原因は「超重要」部分が帯締めで挟まれていないことが多いのでございます。

「超重要」部分の量と帯締めのかかる位置。

この2つのポイントが非常に大事。

 

あと

この図をみるとわかるように

タレ先引っ張ると帯は落ちちゃいます。

 

意外と断面図って着付け本に明記されてないので書いてみました。

ちなみにこちらは

袋帯のお太鼓結びの断面図。

帯締めの通る位置、たれ先との関係性、超重要の部分の違い、そしてなぜ「二重太鼓」といわれるのかが一目瞭然(笑)。

 

前結びの方も後ろ結びの方も

ちょこっと頭の隅に入れておくと便利かと思われます。

 

大人になると

感覚で覚えられないことがほとんど(笑)。

難しい言葉はいらないけれど、明確にするには

表やグラフや図を有効に使うことが大事です。

 

そんな当校は4月スタートのビギナーコース、平日クラスのみ空いております。

ちなみに

ひとりで着付けができる方で

「もっと深く知りたいわ!」

「もっときれいに着たいわ!」

「とにかく忘れないようにボチボチ練習したいわ!」

「自分のペースで習いたいわ!」

という方は「ステップアップコース」がオススメです。

 

こちらは随時募集しております。

お気軽にお問合せを。

 

本日はこのへんで

ではでは

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

4月スタートビギナーコース募集開始。

2018年半幅帯・兵児帯特別レッスン募集開始

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP 

◆主催イベント◆

オハラリエコのお気に入りin神戸

2018/4/28(土)〜5/2(火)まで

詳細随時お知らせ

 

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode