着物はつかまず、つまむもの。

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

この時期は卒業式・入学式シーズン。

当校の受講生のみなさんも

「子供の晴れの舞台!ワタシもやってやるぜ!」

といったお母さま方が集中してレッスンにお越しになるシーズンでもございます。

 

普段着とは違う

フォーマルの着物。

晴れ着良いですね。

あとは天気を祈るばかりです。

 

さて

ちょっとした本日はちょっとしたコツを。

 

着物の裾。

自装する方で短くなっちゃう方いませんか?

特にフォーマルの着物は「ちょっと長め?」くらいがエレガントで素敵やと個人的に思っとります。

ちなみにこの裾に関してのコツはいかに記しております。

着物の裾

着物の裾

着物の裾

 

なんで裾が短くなっちゃうのか?問題の原因の一つとして

「着物をがっつりつかんでる」

ということが挙げられます。

 

もっと細かく言うと

裾合わせ・前合わせの時は

「衿先部分以外持たない!」

というのが大前提でございます。

 

写真でつまんでいるところが「衿先」

このとっても狭い部分なのですが、この「衿先」は非常に着付けをするにあたり重要でございます。

とにかくこの狭い部分のみ持つのが重要。

 

そしてこの衿先だけでなく

全般に着付けの際は着物はつかまずつまむことを意識いたします。

 

最初は全身に力はいりまくりなので(笑)

布を皆さんがっしりつかむ傾向がございますが、

この

「つまむ」

を意識するだけで余分な力が抜けてスッキリ着付けができます。

これ

自分で着物を着るだけでなく、人に着物を着せる時も有効です。

あと、

手さばきも綺麗に見えます。

 

まずは参考までに。

本日はこのへんで

ではでは

 

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

4月スタートビギナーコース募集開始。

2018年半幅帯・兵児帯特別レッスン募集開始

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP 

◆主催イベント◆

オハラリエコのお気に入りin神戸

2018/4/28(土)〜5/2(火)まで

詳細随時お知らせ

 

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

0

    コメント
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode