関東と関西の着物スタイル

おはようございます。
RICO STYLE着物コーディネーターのオハラでございます。

本日よりトリエのお仕事で東京です。
久しぶりの新宿伊勢丹…。
毎回緊張いたします…。
1週間ベタつきでおりますので、

「またあの人、懲りずに刈り込んでいるわね…。」
とか
「またあの人、前髪切りすぎたみたいになっているわね…。」
とか
「もしかしてあの人、髪の毛の色若干ピンクっぽく見えるのは気のせい?」
とか
こそこそ見に来てくださいませ。


フリーになって、東京〜大阪で仕事をすることが増えました。
そこで気になっていた、というか感じずにはいられないテーマ。

「関西VS関東」の違い…。

(文と写真は関係ありませぬ…)

特に「VS」にすることはないのですが(笑)。
なんとなく。
しかも書いているうちに壮大なテーマになりそうだと気づいてしまった…。
飽きずにお付き合いくださいませ。
多分連載ものになるかと…。

アパレルの世界でも「売れるもの(色・柄)が関西と関東では違う」というふうに聞いたことがあります。
実際、同じブランドさんでも品揃えが全然違うことを経験された方も多いはずでしょう。

一般的な知識として
「関西人は派手・関東人は地味」
キモノっぽく言いかえれば
「京のはんなり、江戸の粋」⇒ホンマか?

実際、東京の方が紬率が高い気がするし、関西の方がやわらかもの(しかも華やか系)が多い気がする。
⇒完全なる主観。
そしてこうやって東京のイベントに出店するとうちのブースがやたら華やかな気がする。
⇒これも完全なる主観。
ここまではある程度お分かりになるかと思います。

ワタクシが新たに気づいた点を羅列してみましょう〜。

あくまでもワタクシ個人の意見でございます。
クレームは受け付けませんのであしからず(笑)。

■関東と関西では帯位置が違う
⇒関東低め・関西高め
■関東と関西では帯揚げの出し方も違う
⇒関東 シャープ・少なめ 関西 華やか・多め
■関東で意外と「角出し」少ない説
⇒角出しも含め変わり結びは関西の方が多い?
■関西の方が衣紋が抜けている
⇒着物屋さんの標準設定も違う?(繰越関東5分⇔関西7分)
■関東は「江戸小紋文化」、関西は「色無地文化」
⇒関西の江戸小紋浸透率はなかなか低い。「江戸小紋憧れとります〜」って感じ。
■関西の羽織り浸透度の高さ
⇒むかしは「帯付きで外出しないのがマナー」っていう風に言われていた事をなぜだかわからないが、ウスラボンヤリ聞いたことがありますよ率が高いのは関西。羽織りもん大好き関西(笑)。

ざっとあげたらこんな感じ…。
まだまだありますけどね。
詳しく知りたい方は直接聞いてくださいませ…。
ただし、あくまでも個人的意見ですよ…。

でも、なかなか面白い。
毎回出張の度「へー」と思います(笑)。

ワタクシが東西の違いで特に面白いと思ってるのが「女紋」の話。
きっと東西の違いだけでなく、こういうのって冠婚葬祭にまつわるので土地によっていろいろあるんでしょうなぁと思います。

上記の違いについては連載もので詳しく。
ただ、気長に待ってくださいませ(笑)。

本日はこのへんで
ではでは



 
0

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/10/20 11:23 AM
    コメントする








       
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode