暖冬の着物コーディネート(後半)

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

先日はたまりにたまったコーディネート写真を一言解説を入れながらご紹介いたしました。

今回は後半戦でございます。

前回と合わせてご覧になる方はこちら

 

前回のブログにも出てまいりましたが

真っ黒コーディネート。

この真っ黒アイテムはいくつも出てまいります(笑)。

真っ黒コーディネートで気を付けることはただ一つ。

 

喪服にならない

 

これ大事。

ワタクシの場合は

必ず異素材を組み合わせて真っ黒のワントーンにいたします。

そしてマットになり過ぎない。

この日の場合は

薄羽織(この日もまた20度超える天気だった)のレースと

半衿のワンポイントに光るシルバー。

そして艶感のある大島紬。

 

やはり艶のある黒だと喪服にはなりにくいかと思われます。

 

ワタクシには非常に珍しいイエローのペイズリー更紗の小紋。

着てみたら派手だった(笑)。

この日は落語を見に行ったのですが、

舞台上から一発でわかるくらい光ってたらしい(笑)。

全身のコーディネートの際はブラウンの兵児帯で。(レッスンだったので)

レッスン後、

帯だけチェンジしてまいりました。

羽織は写真のものを羽織って。

着物が多少派手な時

ハオリモノでカモフラージュできる一例(笑)。。

 

そして今年増えたのが「グレーコーデ」

昔なら老けて仕方がなかったグレー。

でもやっと何とか着れるように…(笑)。

 

どちらかというと

真っ黒よりも地味(笑)。

これこそお通夜にならないように気を付けましょう。

基本的にグレーはどんな色とも相性がよろしいので

帯や小物は合わせやすいかと。

ただ

老けないように&お通夜にならないように。

 

そして

この秋初挑戦のブラウン。

ワタクシはゴリゴリの黒系女。

なのでブラウンを着たら一気に老けます。

ですが

最近の髪の毛の色のおかげか

(アッシュカラーが抜け落ちるとブラウンが強くなってくる)

ブラウンでも選べば何とかOKもあり。

 

ワタクシの場合は

こげ茶&素材感→この素材感が非常に重要。

 

やはり

キラキラ

ラメ

は必須。

なのでこの着物はOKでございます。

そしてこれを着ると若干IKKOになります(笑)。

 

そして最後に白オハラ(笑)。

ワタクシの好みは昔からあまりブレてなくて(笑)

とにかく

クールにかっちょよくコーディネートしたいのです。

昔は差し色バンバン入れておりましたが

最近はとにかく素材感重視。

そして

スッキリ見えるかどうかを重視。

 

何がどうというわけではありませんが

野暮ったくならないよう心がけております。

ちなみに白コーデの時は足元もスッキリ白でまとめるのがオハラ流の鉄則でございます。

(2018年冬現在)

12月はちょっぴりルミナリエやクリスマスを意識しながら

(ただ、モチーフ柄は個人的に苦手(笑))

コーディネートを楽しみたいと思います。

あわせてオハラ流の防寒もご紹介できれば。

(大した事ないけど)

 

本日はこのへんで

ではでは

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

2019年1月スタートビギナーコース

2019年1月スタートプロコース

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆監修書籍◆

「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社 →祝!重版5刷目です!

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

0

    | 1/93PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode