バンコク弾丸・画力の旅

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

11月に入り、インスタグラムをフォローしてくださっている方はご存知かと思いますが、

急遽弾丸で海外脱出をしておりました。

ちなみによければこちらが個人インスタ→

そして

RICO STYLE WEBSHOPインスタはこちら→

 

ワタクシ「趣味・出国スタンプもらうこと/入国スタンプもらうこと」といっていいくらい(笑)

とにかくイミグレーションが大好きです(笑)。

 

なので

連続した休みがあれば(隙あらば)日本脱出を目論んでおります。

そして

暇さえあれば、格安航空チケットをずっと探しております(笑)。

 

今回、無理くり休みを3日捻出し、日本脱出を図りました。

ポイントは

◆関空を深夜便発→できるだけ滞在時間を長く

◆上記をふまえるとアジア諸国

ということで

バンコクに決定。

今日はそんな旅のブログです。

 

(お気に入りの写真(笑))

 

SNSでチラホラアップしていたら

「いつブログに書くのだ」

「ブログにまだ詳細アップして無いぞ」

をご指摘を受けましたので、

他に告知することモリモリありますが、

駆け足でご報告いたします(笑)。

 

バンコクへは

10年ほど前に毎年行っていましたが、最近ご無沙汰しておりました。

新たに調べてみると、色々画力満載の観光スポットがあるらしい。

 

そこで今回の旅のテーマは「画力の旅」

まさにSNSに反映させようという姑息な理由です(笑)。

 

画力の旅にするには目的地が必要。

そこで

◆インスタ映えのナイトマーケット

◆インスタ映えの寺院

◆画力満点の鉄道市場

◆ちょっとディープな路地裏ツアー

というなかなか欲張りな計画です。

これらを丸3日でこなそうというわけです。

 

深夜に関空を出て1日目早朝5時にバンコク到着。

 

電車で市内まで移動。

通勤ラッシュに巻き込まれる。

日本と一緒である。

満員電車でキッチキチ(笑)。

 

そのまま朝の7時からマッサージを受ける。

極楽です。

 

そして

昨日の夜から何も食べていないので早速タイメシ。

半屋台みたいなところ。

60バーツ。

美味である。

 

一旦ホテルに戻り、荷物をおいて下調べ。

早速、1つ目のミッションをこなすべく電車異動。

したら

とにかく激混み…。

電車のホームに行くまで30分。

ホームで電車を何本か見送り(人が多すぎて乗れず)。

約30分ほど待って、これまた満員電車。

初日いきなり異国の人と肌が密着するくらいぎゅうぎゅう詰めになるのは生まれて初めてである。

 

20分ほど乗って最寄り駅到着。

市場へ行かず、ショッピングモールの駐車場へ。

 

ででん。

まるで飴ちゃんみたい。

こちらはタラート・ロットファイ・ラチャダー

この駐車場から見る景色がインスタ映えするということで人気です。

 

実際の市場は

思ったより綺麗(笑)。

アジアの市場って混沌としているイメージですが、本当に綺麗でした。

全然屋台飯食べれる感じ。

(詳しい写真はインスタ見ていただくとわかるかと)

ちなみに虫も売ってました。

フツーに。

 

 

ひととおり見た後はホテルへ。

ホテル近くの屋台でウインナーもどきを購入。

夕方からオープンしていて、とにかく地元の人が長蛇の列だったので気になっておりました。

夜9時半過ぎると

ひとりぽつんとおっちゃんが仕事していたので(笑)、

勇気を出して購入。

美味でございました。

ソースをつけるかどうか聞かれます。

そのソースがタイっぽい。

 

そして

次の日早朝。

ディープスポット路地裏探検の為、日本からネットで予約した「サイクリングツアー」

ゴーヴァンケッセルサイクリングツアー

 

元々オランダの会社らしいです。

なので

参加者はほとんどオランダ人。

そして

英語ペラペラ(笑)。

もちろんワタクシは全くしゃれべません。

そしてガイドが先頭と後方に2名つきますが、ペラペラの英語(笑)。

ガイドのお二人。

 

でも

非常に楽しめます。

オススメ。

朝8時にオフィスへ集合。

どちらかというとこのオフィスへ集合するのがなかなかドキドキしました。

なぜなら電車を降りてかなり歩くかタクシーかトゥクトゥクだって(笑)。

ワタクシは旅のお供のグーグル先生を引っ提げて地道に歩きました。

約15分くらい。

 

自転車を選び(基本的に座高が高い。ワタクシの身長(165僉砲念貳峅爾虜孫(笑))

レッツラゴー!!

ひたすら裏道・路地裏。

路地裏・市場の中

チャイナタウン。ここで写真タイム。

ガイドさんが撮ってくれた。

ホスピタリティ優れてます。

 

蓮のつぼみ。

途中でワークショップ的なことをさせられます。

手先の不器用さを諸外国の人々にお知らせする始末(笑)。

みんなすごく早く仕上げてた…。

 

再び自転車にのって路地裏。

そして寺院へ。

真っ白な綺麗な寺院。

そして

シュールな床(笑)。アーティストらしいです。

そして

川を船で渡ります。

 

約3時間非常に楽しゅうございました。

 

それから

ワタクシはミッションを遂行すべく次の場所へ。

これまた、電車ではいけないのでタクシーを使って。

20分ほど乗って400円ほど(安い!!)

 

こちら

ワット・パクナーム。

後光が指しておる・・・・。

 

この最上階に目的が…。

 

デデン。

嘘みたいな映像。

全く加工なしです。

とにかく綺麗(というか派手。)

 

観光客のほとんどが日本人です。

外観と全く違う景色。

他の階は博物館のようになってました。

 

ほどなく見て回って、帰路につきます。

なかなか不便な所にあります。

しかも

暑い。

歩いていると突如別の寺院が…。

派手である。

 

そして

異常に情報量が多い(笑)。

 

こちらも後にし、タクシーを捕まえるも乗車拒否(近すぎると言われた…)

なので

ボチボチ歩く。

もちろん手にはグーグル先生。

グーグル先生とパスポートあればどこでも行ける気がする…。

 

おなかがソコソコすいたのでローカルな食堂へ入る。

まさか汚い(笑)外国人がフラフラと入ることを想定していなかったのか、

明らかにお店の人がテンパってる(笑)。

 

大丈夫。

ワタクシもソコソコ、ビビりだよ(笑)。

とにかく指差しで注文。

辛いのか

甘いのかわからないまま。

写真とは若干色が違ってた。

もっとあっさり目かと思いましたが、ガッツリ茶色い味付け。

でも

美味しゅうございました。

 

やっとの思いで駅に到着。

そして主要駅のショッピングモールへ入る。

なぜかガンプラ展やってた。

かなりの人だかり…。

 

ここで

恒例の現地の食材レポート(笑)。

しかし

ホントにバンコクって綺麗すぎて(笑)、なんなら日本より高級な香りがいたしました。

(入ったところが富裕層対象のモールということもありますが…)

かなり斬新なディスプレイ…。

そして

よく見るとかなり指が攻撃的なディスプレイ…。

何故

そんなにケンカを売っているのか…謎です。

 

以前来た時よりも比べ物にならないくらい近代化になってた…。

ちなみに

12時〜17時(たしか)

酒類は販売してくれません。

ご注意を。

 

夕食は世界一美味しいカレーといわれている「マッサマンカレー」を食す。

これが今回の旅の食費で一番高かった。

そしてホテルに帰る途中で、例のおっちゃんのウインナーもどきを再び購入(笑)。。

 

3日目。

実は最終日。

この日が一番の移動距離。

バンコク市内から70キロ離れた鉄道市場へ参ります。(メークロン市場)

まずは「ロッティー」という乗り物に乗るため「ミニバスターミナル」へ

ここも最寄り駅からまぁまぁの距離。

ででんとこの看板ありますが、全く読めない…。

駅からタクシーで行ったのですが、若干ぼられた感あります。

でも気にしない(笑)。

 

本来、この鉄道市場へ行くにはツアーに申し込むのが一般的だそうです。

自力で行くことを選択(笑)。

だって

ワタクシには「グーグル大先生」がついてるから(笑)。

変な自信を持ちながら、ミニバス乗り場を目指します。

ここが待合室。

チケット購入すると渡されます。

ひたすら待ちます。

もはやワタクシがわかる情報は数字と時間とオレンジの札のみ…。

 

ちなみにこのメークロン市場の見どころは

線路の上に市場が開催され、

電車が通るたびにテントが素早くしまわれます。

それをどうしても見たい!

 

ただ

この電車が通る時間帯に合わせないと全く意味がございません。

電車の時間帯は

早朝

昼前(11時頃)

昼過ぎ(14時半ごろ)

夕方(17時?)

この4つ。

 

ワタクシこの日に帰国するため(夜10時半過ぎ)、17時は却下。

そして早朝も移動時間(バンコクから1時間半くらい)も考えると却下。

ということは

11時か14時半がベスト。

 

できれば

11時が色々都合が良い。

そう思って準備をしていたのですが、

全く時間が読めない&乗ったミニバスがグーグル先生が指す方向とは違う向きに進んでる…。

(正しくはえらい遠回りをしていたように見えた)

 

何故じゃ…。

ミニバスは満席で外国人はワタクシひとり。

もちろんローカルなためタイ語オンリー。

ワタクシの味方はグーグル先生のみ(笑)。

 

ミニバスに乗ったら一本ってネット情報にはあったので1時間くらい熟睡しておりました。

起きて

そろそろつくかなぁと思い、グーグルを起動してみたら

全然違う方向でビックリ(笑)。

 

密室の一番端っこで

誰にも確認とれないまま(笑)、ただひたすら何度もグーグルマップを見直すワタクシ…。

 

11時の電車通過は潔くあきらめ、とにかく目的地に到着することだけを祈りつつ

そして

無事、ホテルに戻り日本へ帰国できるように祈りつつ

ひたすらグーグルを見つめるオハラ…。

 

そしたら

急にみんながミニバスを降りだした。

マップ上は目的地と全く違う所…。

 

えー。

全然わからんところで降ろされんの…。

さっき

「パスポートとグーグル先生いれば大丈夫!」って言ったけど

ここ何処…(笑)。

 

仕方なく

椅子に座ってぼんやりしてると

運転手らしき人が、近寄ってきて

「メークロン、オーバーゼア」

 

なんですと。

もしかしてメークロンへ行くには乗り換えが必要なのか?

全然ネット情報正しくないんですけど(笑)。

乗り換えのバス停へ行くのね。

何度も

「あっち?どっち?」と聞きながらとぼとぼ歩いていく。

 

ひたすら道である

 

5分ほど歩くと人だかり。

 

あぁ

ここがバス停か…。

と思ったら線路が!!

そして電車!

なんだこれ!!

よく見ると

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

着いてるやん(笑)!

しかもナイスタイミング!!

てか

グーグル先生見直すと

やはり全然違う所・・・・。

 

なんで?(笑)。

確認する暇はない。

 

とにかく電車がもうすぐ出発するようだ。

べスポジで撮影せねば…。

このタイミングを逃すと3時間もこの小さい何もない市場で過ごすことになっちゃう。

それはいやだ!!

 

位置を確保し撮影

こちらでは動画アップしてます。

https://www.instagram.com/p/BptKi96Ay9U/

 

グーグル先生

めっちゃ間違ってる…。

まぁ良い。

何とかなったので。

ひととおり見回ります。

アイス作る機械。

かえるの丸焼きもあり(笑)。

 

線路にオモッキリ触れてます。

 

タイ犬。

遠くを見つめる…

 

そして

週末開催のウィークエンドマーケットへ。

そして

バンコク名物交通渋滞(笑)

 

ここでご飯を食べようと思ったら

バーツが残り僅か。

両替をしようとしたら

 

「パスポートが必要」

 

え。

ワタクシホテルに預けちゃったよ。

色々交渉してみたけど

無理だった。

 

なかなかルールに厳しいバンコク。

これも意外でした。

 

お金はあるけど現地通貨が無い。

よって非常にひもじい…。

テンションも上がらず…とにかくホテルへもどる。

 

やはり

バタバタでしたが10年前よりも非常に都会的なバンコクでございました。

 

日本人駐在員も多いようでした

(とにかくサラリーマンをよく見かけた。あと、駐在妻らしき人も)

 

東南アジアは比較的深夜便・早朝便が出ているので弾丸でも行けちゃいます。

(この旅は実質丸3日のみの休みで行けちゃいました。)

帰りは現地夜10時半過ぎの飛行機→翌日6時関空到着です。

 

まぁ

もう若くないので、その日は全く使い物になりませんが(笑)。

 

全く着物情報が無いブログでした(笑)。

そして

この話が聞きたい方は週末のイベントへどうぞ(笑)。

土曜日は一般開放しております。

とにかく色々大放出してます。

そして

博多から多奈ゑりさんがやってまいります。

 

この情報はまた明日。

本日はこのへんで

ではでは

 

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆コラボレッスン◆

オハラリエコ×多奈ゑりコラボレッスンin神戸

※同時開催 オハラのお気に入りだった×多奈ゑりきものマーケット

 

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社 →祝!重版5刷目です!

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

 

0

    | 1/31PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode